初志貫徹・・が理想です。。。
by hjnmc687
カテゴリ
全体
登山

日常
生きもの
ジョン・ミューア・トレイル2012
未分類
以前の記事
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
フォロー中のブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
六日目
at 2012-10-12 18:36
五日目
at 2012-10-11 17:58
四日目
at 2012-10-11 17:09
三日目
at 2012-09-14 00:44
二日目
at 2012-09-13 23:44
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


六日目

7月15日 歩行時間8:00 ~ 09:00、13:00~18:00 距離18km 
ダックレイク1km手前(109km地点)→シルバーパス1km手前(127.6km地点)

ついに念願のフィッシングライセンスを手に入れたので、良さそうな場所では糸を垂らすことに。
持って行ったロッドは超軽量サイズのもので、重さ75g、リールを入れても300gに満たない
トラウト用の物を使用した。日本で買ったのだが、一応40cmくらいの個体でも余裕という情報を店員さんから
仕入れている。エサ釣りは禁止されているので小型のスプーンを使用した。

最初の湖はゴールデントラウトが釣れるというパープルレイク。
地図上では、森の中に点在する小さな湖に過ぎないが、実際は歩くだけでも一時間はかかりそうな、
そこそこ大きな湖であった。(道はないが、釣り人による踏み跡はそこそこ明瞭)
d0262342_1826208.jpg


適当なところでロッドを振ると、すぐに当りがきた。
30cmくらいの綺麗なニジマスだ。小さいロッドなので引きも申し分ない。
暖かい日差しの中、夢中で釣りを続けた。
d0262342_1824404.jpg
d0262342_18251345.jpg

結局ここでは4時間ほど釣りをして数十匹は釣り上げただろう。
中にはかなりの割合でゴールデントラウトが含まれていて、漁体は文字通り、金色に輝いている。
ゴールデントラウトはニジマスの変種であるが、同じ場所で生存していて競合せずにうまく棲み分けできているのだろうか?それとも、水深や微地形で棲み分けしているのだろうか?

ちなみに、パープルレイクの上流にもたくさんの湖があり、マンモスレイクの店員さん曰く、
上流にも棲んでいるだろうとのこと。(今は湖の間は細い川で繋がっているだけだが、かつては
今よりも広大な氷河があったため、水量は豊富だったと思われる。魚はその時代に自由に
行き来できたのではないか)私も行こうとしたが、湖畔の脇の斜面が一部崩壊していて、目歩ける状況でなかったため、上流にはいかなかった。

釣った魚は元気そうだったので全てリリースした。本当は魚を焚火で焼いて楽しみたいところだったが、シエラネバダ山脈は高山で貧栄養。たくさんいるように見えても彼らはとても貴重な存在だ。標高3000m付近でも生息している彼らは、きっと下界の魚よりもずっと成長が遅いはずだし、美しいゴールデントラウトが見られただけで充分だった。
(※たまに針を飲み込んでしまい、外す時に大分弱ることがあるが、その時は有難く頂くつもり)

長々と釣りを楽しんだ後は、三つ目の峠であるシルバーパスへ。途中のレイクバージニアも美しい。
シルバーパスの登りはそこそこ厳しい。川でも時折、釣りをする。
d0262342_18294817.jpg

リャマも歩いている。ここは馬もリャマもOKだ!
d0262342_1830434.jpg

レイクバージニア。カリフォルニアなのにバージア?友好の証だろうか?
こういう地名や名前のついた湖はたくさんある。
d0262342_18341541.jpg

d0262342_18361473.jpg


今日は実に美しいChief Lakeで泊まることに。標高が3000mを超えているので、ほぼ森林限界となっている。ここは水がすごく透明だ。近くの湖で泳いでいる人もいたけれど、冷たいのでとてもじゃないが泳ぐ気にはなれない。釣りもしたが釣れなかった。

夜は星がおそろしく美しい。ほぼ毎晩の話だけれど・・。
[PR]
by hjnmc687 | 2012-10-12 18:36 | ジョン・ミューア・トレイル2012
五日目 >>