初志貫徹・・が理想です。。。
by hjnmc687
カテゴリ
全体
登山

日常
生きもの
ジョン・ミューア・トレイル2012
未分類
以前の記事
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
フォロー中のブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
六日目
at 2012-10-12 18:36
五日目
at 2012-10-11 17:58
四日目
at 2012-10-11 17:09
三日目
at 2012-09-14 00:44
二日目
at 2012-09-13 23:44
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


準備編

 2012年7月、アメリカ合衆国にあるジョン・ミューア・トレイル(以下JMT)のスルーハイクに挑戦しました。
これはその記録と、これから出発する人の背中を押すことを目的に書いています。
 国内登山とは勝手が違うので、なかなか一歩を踏み出せずにいる人も多いかもしれません。でも大丈夫。必要なのは縦走装備で北アルプスを2~3日歩ける体力と、長めの休日だけです。英語力はなくても全然OK!
 何せ私は、一人海外旅行は初めてで、英語も自分の欲求を伝えるくらいしか出来ない。そんな人間でも問題なく行けるような場所です。



・・・・・・・・
 JMTを歩こうと決めたきっかけは、正直思い出せない。去年の秋ごろから漠然と行きたいなと思っていた。どんな場所かは全然知らなかったけれど、なぜか2012年には必ず歩き通そうと決めていたのである。なんだか不思議なものだなと思う。知らないのに行きたいなんて・・・。
 それから少しずつ関連書籍など、情報収集を始めた。何しろ一人での海外旅行すらしたことがなかったから、トレイル以外のことも色々と知らないことばかりだった。が、ものぐさな性分から結局、まじめに準備をしたのは最後の二か月くらいだと思う。ちなみに二か月間で準備したことは以下の通り(実質すべて)。

●航空券の手配・・・・出発二か月前(安いうちにとりあえず押さえてしまおう)

●食糧の準備・・・・出発二か月前から
 これは以外に苦労した。安易にアルファ米に頼るのは嫌だったし、何より安く済ませたかったからだ。コンロとの相性やカロリー計算までいろいろ考えたが、朝はソーメン+乾燥野菜+ジャーキー、昼はカロリーメイト+パワーバー+ドライフルーツ+ジャーキー+ナッツ類、夜はクスクス+乾燥野菜+ジャーキーにした。この他、コーヒー、お茶、サプリ類を追加する。コンロは最近のウルトラライト志向を真似して、アルコールストーブにしようと考えていたが、これは意外に燃料がたくさん必要だし、細かい調整もできないし、テントの中も臭うので辞めてガスにした。毎日二リットルくらいのお湯を沸かしたけれど、350Gのガス缶一つで足りてしまった。ちなみにジャーキーは日本からアメリカに持ち込めないので注意。こういうのは事前に調べた方が良い。

●ウィルダネスパーミットの取得・・・・・出発二か月前
 半年前から取得できるが、私の場合はFAXしたものの返事が返ってこず、結局未取得のまま旅立った。ウィルダネスパーミットは日本でいう利用調整地区への入山許可に等しい。予約はすぐに埋まってしまうが、当日枠も残されているため、飛び入りでも諦める必要はない。(事前予約60%・当日40%)ただし、全体の許可数は少ないので、事前に予約した方が良いと思う。最悪の場合はヨセミテで一泊して、翌日の枠を早朝から並んで取得することもできる。(ヨセミテの日中の気温は殺人的な暑さなので、宿は取った方が良いがこれもすぐにいっぱいになる)どのみち早め早めが吉。

●サンフランシスコの宿泊先の予約・・・・・出発一か月半前
 適当にバス停の近くに取ったがこれはどうとでもなる。

●サンフランシスコからヨセミテバレーまでの足の確保・・・・一か月前
 AMTRAK(アムトラック)を利用した。サンフランシスコの港近くからバスでEmeryvilleまで行き、そこから鉄道でMercedまで。そこからまたバスでヨセミテ入りする。これは通しで買えるので便利。しかしネットで購入するにはクレジットカードの持ち主の現住所が、アメリカでないとならない。仮予約だけして現地で決済する方法も取れるが、早朝のバスの場合だと事務所が営業していないため、現地決済は選べないようになっている。私はやむを得ず営業開始後の二番目のバスを選択し、現地で決済する方法を選んだ。バス停は事務所の真ん前なのだが、前日のうちに決済と下見をしておいた方が良いと思う。

●Vermilion Valley Resortへの補給物資の送付・・・・三週間前
 私は21日間で歩き通すつもりで計画を立てたので、半分程度の物資はあらかじめ、コース中盤にあるこのリゾートに送っておいた。非常にハイカーズフレンドリーな場所で、JMTハイカーやPCTハイカー御用達のオアシスのような場所だ。当初はすべての物資を持ち運ぼうとも思ったが、楽しむことが一番の目的であればそんなことに拘らずに送った方が絶対いいし、何よりベア・キャニスターに入りきらない。シャワーも浴びられるし、おいしい食事も摂れるのでどうぜ立ち寄ることになると思う。ちなみにEMSで送っても大丈夫。容器も段ボールで問題ない。(みんな段ボールで送っている)

●下山後の宿、交通手段
 これは特にしなかった。いつ下山できるかわからないし、あまり無駄なスケジュールに縛られたくなかったからだ。私は帰りはロサンゼルス空港を選んだのでバス(ESTA)の予約も不要。ただしESTAは曜日によって運行しない日があるので注意。

●フィッシングライセンスの購入
 現地で購入した。釣りがしたい人は絶対必要。とは言え、担当局(フィッシング&ゲーム)の職員が現地を歩いているわけではないので誰に文句を言われることもきっとないだろうが・・・。国立公園管理局(NPS)とは管轄が違うのでレンジャーとも関係ないはず。

以上が最後の二か月でやったことのすべて。
これでやっと出発できる。
[PR]
by hjnmc687 | 2012-08-05 00:53 | ジョン・ミューア・トレイル2012
<< 移動日